ネットでの仕事探し



ネットでの仕事探しの注意点

 

 

仕事探しをネットを使ってする際には、信憑性について注意しなければいけないといえます。うまい話には裏がある、とはよく言いますが、あまりにも条件が良すぎる求人情報は鵜呑みにしないように注意した方がよい場合もあります。例えば、人間関係が劣悪であるとか、仕事が過酷であるとか、ネットの仕事情報欄には記載されていない環境であったり、仕事を強いられる可能性も無いとは限りません。ネットに掲載されていた仕事情報とぜんぜん条件が違うときには抗議することができるでしょう。

 

 

きちんと自分が把握していなかった、あるいはうまく丸め込まれてしまった場合には、諦めるしかないこともあります。あらかじめメールや電話で、不安な点や分からない点があれば遠慮なく問い合わせると良いでしょう。疑問に思っていることや、自分がどうしても譲れない点を、面接のときははっきり伝えることも重要なことです。もし受かってもトラブルや悩みの原因になる可能性もあるので、不採用を恐れて黙っているだけでは後から困るので気をつけましょう。

 

 

直接その会社の社員や上司の顔を、ネットでの仕事探しの場合は見ることが不可能です。ですから会社の実情が不透明なまま面接の予約を取ることになってしまいます。仕事をネットで探す場合には、客観的に一歩引いて探す姿勢がポイントになるといえます。複数の企業にアプローチを試みるようにして、ネットで仕事探しをする際には、一社だけに固執することは辞めたほうが良いでしょう。面接を受けたその後に、もしかした第一志望の企業が変化していることも無きにしも非ずだといえます。